読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副社長のブログ | KTM 1190 Adventure Blog

オーストリアのバイクメーカ−、KTMの1190 Adventure (2014年モデル) を中心に書いていくブログです。

iPhone5S, iPhone5専用マウント TiGRA Sport 「BikeCONSOLE」インプレ その2

バイク用品

お世話になっております。副社長です。

取り付け

バイク側に「TiGRA Sport BikeCONSOLE」を取り付けてみたいと思います。

KTM 1190 Adventure handle bar
ハンドルバーの中心にステーを取り付けてみました。テーパーハンドルになっており、そこそこ太い部分です。タイラップみたいなものをくぐらせて六角レンチで締める方式です。

TiGRA Sport BikeCONSOLE
ホルダーを取り付けました。

ステー側にねじがあり、それを命綱としてステーとホルダーを固定します。当然ながらねじを締めなくてもそれなりの固定された感覚はあります。

TiGRA Sport BikeCONSOLE
乗車ポジションから確認してみます。

メーターより低い位置になりますが、そもそも体からハンドルまでやや遠いバイクですので、極端な目線の移動は無いように感じました。
また写真のiPhoneは画面が表示されているのですが、直射日光だとどうしても見えなくなってしまいますね。

補足

取り付け前まで、目線の移動についてちょと心配になっており、KTM純正のパワーパーツの「MOUNTING FOR GPS BRACKET」( No. 60312992044 )が必要かなと思ったのですが、思ったより目線の移動が少ないという点と、スマホの操作は腕を伸ばしてやるよりもなるべく体に近い位置で操作した方が使いやすいかと思い、とりあえずハンドルバー取り付けで運用してみようと思います。

(参考)MOUNTING FOR GPS BRACKET を取り付けてるオランダ人のレポート
http://www.advrider.com/forums/showpost.php?p=21122709&postcount=145

補足その2

1190 Adventureは、納車時では12Vシガーソケット(ヘラーソケットではないです。)はバッテリー直状態になっております。バイク保管時の充電にはよいですが、 わたしは運転中のガジェット類の充電を優先させたいので、あとでイグニッション連動にしてもらう予定です。予備のACC配線が既にあるらしく、比較的簡単にイグニッション連動にする作業ができるようです。