読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副社長のブログ | KTM 1190 Adventure Blog

オーストリアのバイクメーカ−、KTMの1190 Adventure (2014年モデル) を中心に書いていくブログです。

コンチネンタル「ContiTrailAttack2」インプレ

お世話になっております副社長です。

1190 Adventureに標準でついてるタイヤ、コンチネンタルの「ContiTrailAttack2」についての所感です。

f:id:paschen00:20140915111750j:plain

概要

コンチネンタルはドイツのタイヤ(などの自動車関係の)メーカーです。BMWの二輪にも標準でついてくることが多いですね。あまり日本では見かけません。このContiTrailAttack2はデュアルパーパース向けでもかなりオンロード寄りに作られているパターンのラジアルタイヤです。ちなみに、1190 Adventureのホイールはスポークですが、チューブレスです。

ライフ

f:id:paschen00:20140913073100j:plain
f:id:paschen00:20140913073112j:plain
現在5,000km程度走っており、そのうち1/3くらいは高速道路な気がします。また、パニアケースを付けっぱなしで運用しております。リアのほうが減ってきていますが、8.5分山というところでしょうか。15,000km程度は持ちそうな勢いですね。

オンロード性能

私の性能がアレなのであまり突っ込んだことは言えませんが、オンロード性能についてはこのクラスのバイクからするとなんの問題も無いと思います。公道ではないところで土砂降りのなか160km/hで巡航しても接地感は安定しています。峠でくねくね楽しい走りをしたい場合でも変に気を使う必要は無いです。

オフロード性能

どんなタイヤでもそうだと思いますが砂利道程度であれば普通に走れます。ただ、ContiTrailAttack2は砂、または泥、などになると一気に戦闘力が落ちます。細心の注意を払い、車体をバンクさせないように運転する必要があるでしょう。泥などの道を楽しく走ることは難しいと思います。まあ、普通のオンロードタイヤだと思ってしまってもよいのではないでしょうか。

まとめ

この手のバイクの標準タイヤとして考えると的を射ているものだと感じました。ContiTrailAttack2は、これでいろんな所を走ってみて、今後オンロードメインで行くのか、オフロードメインで行くのかを見極める、という役割になりそうです。少なくともオンロード性能は全く問題無いです。ちなみに今のところ次のタイヤはメッツラーのKAROO3を考えていますよ。(気が変わる可能性は大いにあります)

f:id:paschen00:20121122122312j:plain