読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副社長のブログ | KTM 1190 Adventure Blog

オーストリアのバイクメーカ−、KTMの1190 Adventure (2014年モデル) を中心に書いていくブログです。

夏以外はフラッドラッシュスキンメッシュいいですよ

お世話になっております。副社長です。

f:id:paschen00:20150323115521j:plain
ファイントラックのフラッドラッシュスキンメッシュのTシャツを半年ほど使って見ての感想・所感です。

過去もっともひどい目に遭った汗冷え

f:id:paschen00:20071123131250j:plain f:id:paschen00:20071123135449j:plain
この写真は2007年11月の写真です。ほぼ初めて山登り的なことをした日です。栃木県の足尾の備前楯山に登ったのですが、写真の通りバイクで行き、何も考えずにバイク用冬用ジャケットを着て登ってしまいました。 頂上ではすばらしい景色を見ることができたのですが、下山後、とんでもない汗冷えに襲われました。たぶん綿系のスウェットなども着ていたと思います。日が落ちて気温が下がったあとの帰り道はホントに汗で寒くて不快で大変でした。

保険としてのインナー

私は夏以外でのアウトドアアクティビティ(バイクツーリング、登山、スキー、車での旅行など)でフラッドラッシュスキンメッシュを着るようにしているのですが、汗冷えに襲われたことはありません。 逆に仕事で暑い室内と寒い屋外を一日に何回も行ったり来たりしたときがあり、フラッドラッシュスキンメッシュは着ていなかったですが、その時は汗冷えが発生し一気に体調が悪くなってしまったりしました。 ということで最近は

  • 短い間隔で外気温の変化が大きい状態になる
  • 断続的に負荷が高い運動をする

ということが想定される場合は一応着るようにしています。

バイクツーリングでもこの時期は昼間と朝晩の温度変化は大きいですので朝晩対応の服のまま昼間になると、そこそこ汗をかくはずです。その汗冷え対策に有効になるのではないかと考えております。(ただ、この場合は「短い間隔で外気温の変化が大きい状態になる」には当てはまらないですが)

試しにスポーツジムでこいつを着てランニングマシンをやってみたところ、単純に肌への密着度が高いからなのか、素材のせいなのか体がオーバーヒートな感じになりました。ということで、コイツを着ると、「からだ表面の温度管理を汗ではなく服のレイヤリング等で調節することができるかわりに汗での冷却は期待できない」という感じでしょうか。

生地の肌触りはごわごわしておりますが、とても軽いので夏以外のアウトドアアクティビティには保険として着てみてはいかがでしょうか。